円安進行下での輸出低迷、競争力低下や海外生産などが影響

日銀は26日、円安進行にもかかわらず、これまで日本の輸出が伸び悩んだ背景として、情報関連分野の競争力低下や世界的な設備投資需要の弱さ、海外生産の加速など構造要因も影響を与えたとの分析リポートを公表した。

2008年のリーマン・ショック以降、日本の輸出は総じて低迷を続けてきた。足元では持ち直しの動きがみられているものの、12年末以降に輸出の増加要因である円安が急速に進行したにもかかわらず、最近まで勢いを欠いた状態が継続している。

リポートでは、この要因を世界的な貿易量と、それに占める日本のシェアに分解して分析。近年の輸出伸び悩みの背景として「世界の貿易量の伸び悩みがひと頃に比べて鈍化したことに加え、日本の輸出シェアが低下傾向をたどった」ことを指摘している。

具体的には、リーマン・ショック前は世界経済の 成長率を上回るペースで拡大してきた世界貿易量が、リーマン・ショック直後に大きく落ち込んだ後も成長と同程度のペースにとどまっていると紹介。金融危機 の後遺症による耐久消費財・資本財の需要停滞や、新興国の技術力向上、原油高に伴う輸送コストの上昇などで「世界的な貿易量の伸び悩みが想定以上に長引い ている」としている。

一方、リーマン・ショック以降の世界輸出に占める日本のシェアは、以前の6%程度から、5%程度に低下。要因として情報関連分野の競争力低下や、グローバルな設備投資需要の弱さ、海外生産の加速をあげている。

情報関連分野については、東アジア各国の技術的なキャッチアップで日本製品の競争力が低下したことに加え、リーマ ン・ショック後の円高進行で「日本製品の価格競争力も低下した」と指摘。もっとも、足元では企業の構造改革や円安の進行に伴い、日本の情報関連輸出は「東 アジアの競合国を上回るペースで増加している」という。

また、リーマン・ショック後のグローバルな設備投資需要の低迷が、資本財を強みとする日本の輸出を他国よりも下押しした可能性があるとしている。

為替円高が進行していた中で、計画決定から一定の期間を経て、2013年頃から自動車メーカーを中心に「海外の現地生産拠点が集中的に立ち上がった」ことも「輸出の構造的な下押し要因」と指摘。取引先部品メーカーも追随し、「海外拠点向けに増えていた部品輸出も伸び悩むようになった」という。

もっとも、円安傾向は2年間続いており、足元では生産拠点の海外移転のペースも鈍化し、国内投資を高める動きも散見 されている。海外経済が先進国を中心に緩やかに回復する中で、米国を中心に資本財需要も増加している。リポートでは「日本の輸出シェアを下押ししてきた要 因にも、変化ないしその兆しは窺われるようになってきている」とし、先行きの輸出増加には日本のシェア拡大が重要としている。

 

ゴールデンクロスとデッドクロス

移動平均線が頻繁に使われている分析法として「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」と呼ばれる、買いや売りのポイントを見出す方法があります。

このゴールデンクロスとデッドクロスは、投資家の間では一般常識と言える程広く利用されている分析方法なので、投資を始める前にしっかりと知っておきたい分析方法の1つです。

そのうち、「ゴールデンクロス」は、『買いシグナル』とも呼ばれ、今後、株価が上昇する兆しを示しています。

ゴールデンクロスの見つけ方

「買いのシグナル」とも言われるゴールデンクロスですが、そのシグナルを見出す為に一般的に2本の移動平均線を利用します。

cha7

2本の平均線は、短期と長期のように期間の異なる平均線を使い、短期線が長期線を下から突き抜けるように上昇している場合、その短期線と長期線がクロスした点を「ゴールデンクロス」と呼んでいます。

これは、長期的な株価の変動の中で、一時的に株価が上昇する傾向があることを示していることから、『買いのシグナル』と呼ばれるようです。

注意点~仕手株~

このように、ゴールデンクロスは2本の移動平均線を用いることによって簡単に見つけ出すことが出来ますが、殆どの投資家が利用しているとも言えるほど代表的なこの分析法は、逆に言えば大きなリスクが付いてきます。

株価は市場原理によって常に変動をしています。例えば、ゴールデンクロスを見つけて、投資家はその株を購入しますが、非常に多くの投資家が利用しているこの分析法によって、多くの投資家がその株を購入し、その株価はどんどん上昇をしていきます。

おる程度株価が上昇すると、その株価の上昇にいち早く見切りを付けた投資家が大量にその株を売りに出すことによって、他の投資家も連鎖的に“買い”から“売り”に転じます。

そのことによって、急上昇をしていた株価が一気に大暴落になってしまい、売り遅れた投資家は大損をしてしまうことになってしまいます。

これらの株価の変動を意図的に操作しようとする人や団体を「仕手」と呼びますが、この仕手によって操作された株は、遅行指標という性質を持った移動平均線では見極めることが出来ません。

対策

仕手の介入によって操作された株を「仕手株」と言いますが、初心者がこの仕手株にひっかかってしまい、大きな損失を負うことが少なくないようです。

初心者がこのような仕手株を回避する方法として、最も確実なのは、ファンダメンタルズ分析との併用です。その企業の実体に伴わない株価の上昇は仕手が介入したことによる株価の上昇の可能性があります。

また、ファンダメンタルズ分析が苦手な場合は、短期投資を避けて、長期的な分析を行うことが推奨されます。

例えば、ゴールデンクロスを見つける場合にも、中期線と長期線による分析などによっておこなう方が、仕手株に引っかかる可能性は低くなります。

デッドクロスの見つけ方

「売りのシグナル」とも言われるデッドクロスですが、そのシグナルを見出す為にゴールデンクロスと同じように、一般的に2本の移動平均線を利用します。

2本の平均線は、短期と長期のように期間の異なる平均線を使い、短期線が長期線を上から突き抜けるように下落している場合、その短期線と長期線がクロスした点を「デッドクロス」と呼んでいます。

これは、長期的な株価の変動の中で、一時的に株価が下落する傾向があることを示していることから、『売りのシグナル』と呼ばれるようです。

img043

利用法~信用取引~

このデッドクロスは、株価下落による損失を回避、または軽減する為の“売り”のタイミングを見極める分析方法の1つですが、信用取引によってこのデッドクロスから収益を得ることも可能です。

信用取引は、証拠金を証券会社に預けることによって、株券の購入資金や、株券のそのものを借り入れ、それらの借り入れたもので売買を行うことが出来る取引方法です。

これは、この信用取引によって通常は“安く買って、高く売る”ことでしか売買差益を受け取ることが出来ない株式投資でも、“高く売って、安く買う”という逆の方法で売買差益を受け取ることが出来るようになるということになります。

つまり、デッドクロスによって株価の下落を予想することが出来れば、下落するする前に信用取引を利用して、株券を売り、下落したのを見計らって株券を購入することでその差額分を収益に出来るということになります。

初心者の株式投資