50日移動平均線と200日移動平均線を活用しよう

初心者の方が株を買う場合に、どのタイミングで買ったらいいのか、判断に迷うことがままあると思います。このような売買判断を考える場合は50日移動平均線と200日移動平均線を活用するのが良いでしょう。

200日移動平均線とは、過去200日間の株価(終値)を合計して200で割って算出した数値を、チャート上につなげた線のことです。これは1か月程度の 短期の値動きでは左右されません。同じように50日移動平均線とは、過去50日間の株価(終値)を合計して50で割って算出した数値を、チャート上につな げた線のことです。これは200日移動平均線よりはもう少し短期の指針となります。

具体的な使い方ですが、まず、直近で50日移動平均線が200日移動平均線を上抜けているか下抜けているかを確認してください。上抜けているなら上昇トレンド、下抜けているなら下落トレンドと判定できます。

そして、上昇トレンドの場合、50日移動平均線、あるいは200日移動平均線が下値支持線(サポートライン)となることが多いのです。したがって株価がそ こにタッチするタイミングか、もしくは若干割り込んだとしても、そこから反発する可能性が高いので、その水準まで下がったところが買いタイミングとなる可 能性が高いといえます。

逆に下落トレンドの場合は50日移動平均線、あるいは200日移動平均線が上値抵抗線(レジスタンスライン)となるので、そこまで上がったら売りのタイミ ングとなる可能性が高いのです。むろん、いつもピタリと当たるわけではありませんが、取引する際の1つの大きな手がかりにはなると思います。

暴落時の底値買いを狙うタイミングと、
バブル時の売り抜けタイミングについて

なお、バブル時に高値で売り抜ける際の売りタイミングと暴落時に底値買いを狙う場合の買いタイミングはどこかということですが、これにも50日移動平均線 と200日移動平均線を目安として利用できます。具体的な利用法ですが50日移動平均線、200日移動平均線からの乖離率を1つの判断基準にするといいと 思います。

ただ、どの乖離率が買いタイミングなのかはその指数や銘柄によって異なりますので自分が取引している銘柄の過去のチャートを参照してみてください。

 

 

カテゴリー: 金融・経済 | コメントは受け付けていません。