結婚式スピーチ代筆

いろんな仕事ありますね・・・

wedding.294p.com/‎
二次会のスピーチ代筆致します。‎ 24時間以内の納品可!12,000円より

結婚式スピーチ代筆専門店では、披露宴経験が豊富なウェディングライターがその経験を生かし、心をこめた結婚式スピーチを作成いたします。

ウェディングライターとは、ブライダル関連企業にて数多くの結婚式を見てきた経験を生かし、「礼儀」「楽しさ」「誠実さ」「感動」などを込めて、あなたからのエピソードを基にスピーチを書きあげる、いわば結婚式のプロライターです。

ブライダル、ウェディング関連企業で数多くの結婚式をみてきた経験があるからこそ、「式の雰囲気をイメージしたスピーチ」で真心のこもった原稿を作成させていただきます。

これは、通常の文章だけを書いてきたライターさんには決して真似できない、ウエディングライターだからこそ出来る結婚式スピーチ代筆サービスです。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

披露宴での失敗エピソード

結婚式には、特別なしきたりやタブーがたくさんあります。友人の結婚式や披露宴に出席した際に、「しまった!」と冷や汗をかいたことはありませんか? そんな体験談を読者の皆さまに教えていただきました。

■お祝儀が足りなくて、人生初の借金を負う

最も多かったのが、お祝儀に関する失敗談。まずは、
「お祝儀の相場がわからず、恥をかいた」(29歳/女性)、「包んでいくお金が少なすぎた」(24歳/男性)というもの。渡す前に「相場」に気が付いた人も、
「急いで、クレジットカードで借金をしました。人生初の借金」(26歳/女性)なんていう痛い話も。

まだまだあります。
「お金をいれる水引の向きが逆向きだった」(27歳/女性)、「会費制の結婚パーティーにはご祝儀が不要なのを知らなくて用意していたが、誰も出していな かったので、気づかれる前にそっと隠した」(27歳/女性)、「ご祝儀をふくさにいれずに、そのまま渡してしまった」(33歳/男性)などのエピソードが ずらり。

なかには、「お祝儀には渡す相手の名前を書くものだと思い、新婦の名前を書いてました」(30歳/女性)という人もいました。

■新婦よりも白いドレス

どの程度着飾っていけばよいのか、というのは式のスタイルにもよるため、出席してみて初めて気付くことも。

「結婚式の2次会に誘われたが普段着で行ったところ、皆さん正装だった」(28歳/男性)、
「ヘアメイクをほとんどせずに出席し、友達が皆ゴージャスなヘアメイクをしていた」(29歳/女性)と、服装やヘアメイクの準備をせずに恥をかく場合もあれば、
「初めての披露宴出席で気合を入れて行ったら、相手の親族は普通のワンピースに髪は下ろしたままなど、カジュアルだったので浮いてしまった」(24歳/女性)と逆に、親族よりも目立ってしまうのも居づらいものですね。

さらに、
「白っぽいドレスを着て行ってしまった。正式にはクリーム色だが」(31歳/女性)、「新婦より白ドレスだった」(31歳/女性)と、花嫁の特権のはずの「白いドレス」でうっかり出席してしまった人も……。

■うっかり前の夫の名前を……

会食中の失敗談としては、
「披露宴の食事中に、落としたフォークを自分で拾おうとしたら、スタッフが駆け寄って拾ってくれた。あれは自分で拾うものではなく、スタッフに拾ってもら うものだと言うことを知らなかった」(34歳/女性)、「洋食のコースにはしが置いてあったのではしでひたすら食べてたら、恥をかいた」(23歳/男性) など、普段食べ慣れない高級な食事を目の前に、恥ずかしい思いをした人もいるようです。

スピーチ中、うっかり口にしてはいけない言葉を出してしまった例では
「別れるということばを新婦の前でポロっと言ってしまった」(27歳/男性)、「新婦の名前を間違えた。先輩だったので、名字で呼んでいたが、前の夫の名前を呼んでしまった」(29歳/男性)って、笑えないですよね……。

■会場が凍りついた一発ギャグ

次に、新郎新婦の友人・同僚として披露した出し物で、「ウケが悪かったもの」をご紹介。

一番ウケが悪いのが、内輪ネタ。
「検事だった新郎のために、友人たちが模擬裁判をしたが、内輪だけしか盛り上がっていなかった」(28歳/女性)、「新郎の高校の友人が、新婦のお父さん も同じ高校のOBということで高校の校歌を歌っていたが、友人は反応のしようがなかった」(28歳/男性)。たしかに校歌は盛り上がるメロディーでもなさ そうで、リアクションが難しそう。

ギャグや漫才は、なかなかバカウケとはならないようで、
「一発ギャグを披露したら、一切笑いが起きずに場が凍りついてしまった」(27歳/男性)、 「小さいころ、クラスで一番面白かった友達二人で漫談テイストでお祝いの言葉をしようと決めて本番を迎えたら、すっかりまじめになっていた友達と僕はだだ すべりまくり……」(28歳/男性) という気の毒な体験談が寄せられました。

■新郎との関係は……

最後は、新郎新婦の親せきとの会話で失敗したエピソード。

「新婦の親せきだと思って話していたら全然違うおじさんだった」(28歳/男性)と、話がかみ合わないことや、
「カメラ撮影者が親族であると知らずに、式中席を離れるカメラマンを注意してしまった」(28歳/男性)など、親せきだと気付かずに失敗というパターンが目立ちました。

また、「祖母の妹の息子の結婚式に出席したとき、新郎との関係を聞かれ、どんな言葉で説明してよいか分からずに『無関係です』と言った。『親せきです』でよかったんだよ、と今思う」(23歳/女性)と、幅広い親せきが集まるからこそ生じる後悔談もあるようです。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。